古材販売、古民家再生

古材/栗
古材/栗

全国的に見ても数か少なくとても珍しい栗の古材は、その特徴的な木肌や杢目の表情から針葉樹とは異なる独特の存在感を醸し出し、安らぎと高級感を与えてくれます。

板材は古材であっても十分な堅さと強度を保っており、あらゆる用途に幅広くお使いいただけます。そして栗特有の黒みを帯びたその材色は磨けば磨くほど輝きを増し、着色せずとも自然な風合いに仕上がります。

栗材は未乾燥の状態では変形が著しく加工の難しい材料ですが、古材として100年間乾燥されることで、製材や加工を加えてもほぼ変形せず、本来の美しい杢目を活かしたオリジナルのテーブルやカウンターとしてご利用いただけます!

素材例
■素材例1(角材)

栗の木の特徴の一つがこの黒みがかった色。木肌表面は経年変化によってさらに黒みを増しますが、製材して新たに現れた内部木肌も黒みを帯びており、自然の色をそのまま活かしてご利用いただけます。

■素材例2(板材)

栗の木は堅い材質ゆえ、100年経っても建築当時の加工跡がそのまま残っております。人工的には決して作り出せないこの古材の表情を、いろいろなアイデアで使ってみてはいかがでしょうか!

加工例/施工例
■加工例
ハギ合わせテーブル


当初は縦横寸法・880×3600・天板厚35ミリの5枚ハギとして製作されましたが「幅方向の寸法がもう少し欲しい」との要望で左右に1枚ずつプラスして7枚ハギ(1000×3600)として完成しました。

■施工例1
ダイナミックテーブル


宮城県内にあるカフェレストランの大テーブルとして利用されております。栗の素材感をそのまま残したいとのとこから塗装はウレタンクリアーのみ。 栗本来の色が店内の照明によりいっそう演出されてます。

■施工例2
ミニキッチンカウンター


美容室の一角にお茶だし用のカウンターとしてご利用いただいております。無着色のオリーブオイル仕上げのみです。

■施工例3
仕切りカウンター・下駄箱


新築住宅のワンポイントに各種古材をご利用いただきました。栗板表面の鋸目と加工跡を残し天板として活かしてます。

■施工例4
ステージ・テーブル・
ベンチ


蔵を改装し日中はカフェそして夜はコンサートホール。イベントホールとしてレンタルも可能。栗板の幅と厚みを生かしステージほかテーブル・ベンチ・カウンターなどに利用してます。

商品詳細

◆角材(柱材・梁材など) 寸法 : 材長(3000〜4000)×材厚(120〜250)×材幅(120〜250)程度
◆板材 寸法 : 材長(1600〜3000)×材厚(20〜30)×材幅(150〜300)程度

お見積・お問合せ

下記フォームより必要事項をご記入頂きお申込み下さい。
■お見積依頼 寸法、形、数量、納品予定場所、納品予定時期を、ご明記ください。
在庫、送料確認のうえ追ってご連絡いたします。 また、図面・スケッチ等FAXにて送付いただける方は御願い致します。

▲このページのトップへ

お見積もりフォーム

*印は必須項目です。
*ご氏名 :
*ふりがな
*貴社名
(個人の方は”個人”
とご明記下さい)
*ご住所 郵便番号
*メール
*電話
FAX
*数量:
*納品予定時期: 例) ○○年○○月○○日頃
*納品予定場所:
*お問い合わせ内容
古材のイメージ、詳細(形・寸法・本数など)その他ご質問等ご記入下さい 
*お知らせメールをお送りしてもよろしいでしょうか?
Yes    No
●カウンター材、家具など、古材の製材・加工も注文に応じてお受け致します。
●参考になるような写真がございましたら下記メール、または郵便にてお送りください。
お問い合わせ:

■関東・北陸〜九州担当
塚田木材株式会社
762-0046 香川県坂出市富士見町1丁目2-19
TEL 0877-35-8177  FAX 0877-46-5205
E-mail toiawase@kozaibiyori.com
アクセス こちらをクリック
担当 塚田浩之 (お電話の場合は、古材担当者とお伝え下さい)

 

■北海道・東北担当
有限会社 高橋林業
019-2625 秋田県秋田市河辺北野田高屋字黒沼下堤下46-11
TEL 018-882-3504  FAX 018-882-4583
E-mail tohoku@kozaibiyori.com
アクセス こちらをクリック
担当 高橋裕之 (お電話の場合は、古材担当者とお伝え下さい)

 

■中部・関西担当
丸和産業株式会社
527-0086 滋賀県東近江市上平木町2396-1
TEL 0748-23-2211  FAX 0748-24-2026
E-mail chubu@kozaibiyori.com
アクセス こちらをクリック
担当 山田 洋 (お電話の場合は、古材担当者とお伝え下さい)

 

■東京板材ショールーム&ショップ
濱本木材株式会社
136-0082 東京都江東区新木場3-3-4
TEL 03-3521-7211  FAX 03-3521-7214
E-mail tokyo@kozaibiyori.com
アクセス こちらをクリック
担当 濱本 敦子 (お電話の場合は、古材担当者とお伝えください)

 

■九州担当
有限会社 佐藤木材店
811-3406 福岡県宗像市稲元2-5-16
TEL 0940-32-3416  FAX 0940-32-3416
E-mail kyushu@kozaibiyori.com
アクセス こちらをクリック
担当 佐藤 基久 (お電話の場合は、古材担当者とお伝え下さい)


▲このページのトップへ

古材に触れに来てください。

当社で扱っている商品は、どれをとっても世界にひとつしかない1点もの。
それぞれの古材が、それぞれの質感と温もりを持っています。是非当社倉庫でたくさんの古材に触れてみてください。古材見学について詳しく見る>>