古材販売、古民家再生

古材解体・古材買取について


ひとつひとつの部屋から様々な記憶が甦る。 子供のころから慣れ親しんだ家。小さい頃はなんとも思わなかったのに、今になってその良さと歴史に気づく。 解体された後には、また新たな思い出を生む場所と生まれ変わる。 しかし、この古民家の歴史を支えてきた古材たちも、まだまだ思い出を生むことができるはず。 彼らの新しい故郷を探すのが私達の使命である。
                                       古材日和 店主


私たちは、皆様の家にする”想い”を大切に、古材の買取を行っています。

先祖から代々受け継がれた家。 自らが生まれ育った家。 そこは、家族と過ごした数々の思い出が詰まった場所なのです。

しかし、

転勤や仕事の都合でどうしても受け継ぐことができなくなってしまった。 道路や開発により立ち退かなくてはならなくなった。 家族構成や家の事情で建て替えなければならなくなった。

想いと現実は必ずしも一致しない....

大事にしていた家が壊され処分されるのは見るに忍びない。 なんとかこの家を支えた木材だけでも後世に残してほしい。 それがご先祖様への供養となり、この家へのせめてもの報いとなるのでは。

そんな皆様の想いを受け継ぐためにに私たちができること。 それが古材の再利用なのです。 ご先祖様への供養の為にも、ご家族の思い出の為にも、そして家を愛する自らの想いの為にも、 古材の再利用にご賛同いただければと考えております。


前述の考えにご賛同いただける方で、下記条件に該当する場合は、弊社にてご相談承りますので下記フォームよりお申込み下さい。

古材の買取対象となる条件

●古民家をお持ちの方
・未解体の古民家をお持ちの方で、解体業者が決まっていない方
・築70年以上の古民家
・物件所在地が下記の古民家(一部対応できない地域がございます)
  青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県
  福島県、群馬県、栃木県、茨城県
  千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県
  新潟県、長野県、富山県、石川県、岐阜県
  滋賀県、愛知県西部、香川県

●古材を大量に所有されている方
柱材 長さ 2500以上 太さ 120角 買取強化中

・角材、柱、板材の場合

注目情報

●雪国東北の雪害対策
昨今の大雪はまちづくりの在り方を見直す重要な機会となり、空き家をはじめ「古い建物」が雪の重みで倒壊するケースが多かったことを踏まえ、空き家の管理に関する条例「空き家条例」を定める動きが各自治体で進められています。

「空き家条例」は所有者に対し雪下ろしや「建物の解体、撤去」について助言、指導、勧告などを行います。 秋田県大仙市などは、従わない場合は措置命令を出して行政代執行できる内容を定めました。
自治体によって多少の差があるものの、要は空き家の倒壊で周辺住民に危害が及ばないよう迅速かつ的確に手を打つことが求められます。  

古材日和グループでは雪害対策による解体が必要な皆様のお役に立てればと思っております。


お申し込みフォーム

*印は必須項目です。

*ご氏名 :
*ふりがな
貴社名
*ご住所 郵便番号
*メール
*電話
*築年数:
*解体の目的: 建替え   売却  
その他
*解体時期: 例) ○○年○○月頃
お問い合わせ内容
*お知らせメールをお送りしてもよろしいでしょうか?
Yes    No
お問い合わせ:
●古民家をお持ちの方

■青森県、秋田県、岩手県、宮城県 担当
秋田解体チーム  tohoku@kozaibiyori.com
TEL 018-882-3504

 

■山形県、 福島県、群馬県、栃木県、茨城県、千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、
新潟県、長野県、富山県、石川県、岐阜県東部 担当 
解体専門チーム  kaitai@kozaibiyori.com
TEL 0279-56-8997

 

■滋賀県、愛知県西部、岐阜県西部 担当
滋賀解体チーム  chubu@kozaibiyori.com
TEL 0748-23-2211

 

■ 香川県 担当
香川解体チーム  shikoku@kozaibiyori.com
TEL 0877-35-8177

 

■ 福岡県 担当
福岡解体チーム  kyushu@kozaibiyori.com
TEL 0940-32-3416

 

●古材を大量に所有されている方

■ 買取選定チーム  kaitori@kozaibiyori.com
TEL 0877-35-8177

 




▲このページのトップへ

古材に触れに来てください。

当社で扱っている商品は、どれをとっても世界にひとつしかない1点もの。
それぞれの古材が、それぞれの質感と温もりを持っています。是非当社倉庫でたくさんの古材に触れてみてください。古材見学について詳しく見る>>